Return to site

龍本遼 26歳|造園業現場作業員

 十月、大阪の難波にて落ち合う。六年ぶりにあった彼はかなりの日焼けをしていた。飛田新地の話をしながら家系ラーメンを食べ、海老料理を扱った居酒屋にてインタビュー。今の仕事を辞め、二月より警察官になる為に警察学校へ行く。

· 理想の死

 僕の理想の死に方は、まあ笑って死にたい。僕が初めて人の死っていうものを体験したのが父方のじいさんやった。死んで病院から死体が家に帰ってきてそんときに多分笑ってるようやってん、顔が。最初は悲しかった。やけどその後にいろんな親戚の死に顔を見たけど笑ってる人はおらんかったんよ。唯一笑ってたのはこのじいさんだけやった。自分の人生に満足したんちゃう? 悔いがなく生きたんやと思う。なんでそう思ったかというと、まぁじいさん八十歳くらいで死んでたから戦争とかも経験してるわけよな。だから兵士で実際に戦ったわけよ。しかも士官やったから自分の作戦で間違って部下を殺してしまったこともあるし、それで人も殺したと。だからこそ、なんていうのかな、だからじいさんは精一杯生きたから、笑って死ねたんかなって。じいさんが言ってたんやけど、戦場で頑張れたのは自分の好きなもんやうまいもんばっか食ってたからそれがやっぱバネにつながったんちゃうって言うてた。皆があれ食えばよかった、家であれ食えばよかったって言ってる時に自分は全部食ってきたって言うてた。だからそれで悔いはなかった。それ聞いてたから悔い無く死ねたんちゃうかなって思う。俺?いや、無理無理。だって結婚したいし、もっといろんな女の子と会いたいし、多分無理、まだまだいろんなことをしたいバイクで行きたいとこもいっぱいあるし、ええー、北海道沖縄行きたい、宗谷岬行きたい行きたい。とにかく今行けるかところに全部行きたい、それに会ってない友達もいっぱい居るし。だからやっぱ会ってない子おるからまぁそういう子に会いたいねって。まぁあとあれかなぁ恋愛とかも全然やってへんし、急に死んで満足できるかって言われても百パー無理やね、絶対悔いた顔してるやろうね。もしくはバイクの事故でぐしゃぐしゃになってるかのどっちか。

 多分次はないかもなって思ってるよ。次三度目の正直やし。それもあるし片足突っ込んでるんじゃないかなって俺は思う。母親の腹の中におる時にさ、へその緒が三分の一くらい剥がれたらしいのよ。母親が俺を妊娠してる時、母親教師やってて黒板に文字を書こうとした時に剥がれたらしい。そのまま救急車で運ばれてことなきを得たんやけど。多分手術はしてなくて安静にしてたら何とかなったんやろうね。まぁそんな感じに生まれる前に俺は一回死にかけてるらしいから、だからやっぱり俺そっち側に片足突っ込んでるんじゃないって母親に言われてる。この話、今喋ってて思い出したわ。

 そういえば事故の瞬間は死にそうとかそんなん考えてない、とにかく今この瞬間なんとかしなあかんって。仕事間に合わへんとかバイクが大破したー! とかいろいろあったと思うんやけど。とにかくヤバいヤバいヤベって思った、ほんまにヤバいってしか覚えてない、まじでまじでこれは! ってどうするかって冷静に考えてあーこれ無理や、ってなって、吹っ飛ぶわーとか、あーヤバいなぁ、ワンチャン避けれるかなぁ、やっぱ無理やったって間に合うかなぁってスロットルをフルスロットル! ヤバい、ヤベっ、ほんまにヤバいって、しか覚えてない。マジでマジでこれはっ! どうするかって! 冷静に考えて、あーこれ無理やってなって吹っ飛ぶわとかあーヤバいなぁワンチャン避けれるかなぁ、あーやっぱ無理やったって間に合うかなぁあ、ってフルスロットル! がつーん! 無理やったー! いってー!! 痛って、痛い。まぁそんな感じやね、はははは。

 さっき笑って死にたいってゆうたやんか、そんでいろんな女の子とも会いたいし、いろんな人に会いたいし、おいしいものも食べたいっていう。でもそれって生きてる間に増大していく、どんどん増えていくやん。いやそれってそんときにならなわからんけど、でも今のこれから警察官になるっていうのは自分の満足いくルートに進めていると思う。今のままやと無理なんちゃうかなと思うだからそっちに行くんやけど。仕事でミスしまくってるんよ、今までどんな仕事でも。最近親方と喋ってて、ちょっと話したことを振り返ってみると、やっぱり俺はちょっと、まぁまぁまぁ、自分の声で自分の居場所をなくしてるタイプなんやなって。不器用不器用、しかも人付き合いもちゃんとやらへんていうか、その所作っていうか年上に対する礼儀とか。例えば現場に飲み物があったとしたら全部自分が回収したり持ってったりしなあかんのよな、やっぱやらなあかんのよな。そういうところに気が回らんのよ。家族にすらそういうこと思われてんのに、ほぼ他人の会社の人によく思われるわけないよな。だってできるヤツやったら、こいつこういうことできるんやなって思われるかもしらんけど、俺はそれすらもできへんから全然味方もできへんし可愛がってもらうことも。こいつもうしゃーないなって、辛いほど思われてる。だからやっぱりそういうのが欠けてるから居場所をなくすよね。最近気づいたからちょっとずつ直すようにしてるけど。うちの会社の社長がもともと俺の友達やから甘く見られてるけど、お前そのまま外に出ていくと組織に必要じゃない人間と思われてまうで、っていう話を、友達にそこまで言わせてしまったっていうのがある。だから今頑張ってる。全然今は苦じゃない、今は苦じゃないけど、あと一週間もしたらなんでこんなに気い使ったりすることしなアカンねん、と思うかも知らんけど今は苦じゃない。でもやっぱりやっていかんと変わらへんな、とりあえずそんないきなり上手くなりますか? ってよっぽどたまにそーゆー才能持ってる人もおるけどそんなんはできへんからやっぱり。

 もうちょっと人に気遣いできるようになりたい、細かいとこ。っていうかな、父親にも言われたんよな、お前やっぱ仕事が雑いって言われて。父親とDIYとかで家具作ったりするんやけど、どこかで終わらしたりするわけ。するとやっぱ父親にお前仕事荒いぞって言われるんよ。なんやねんと俺も思ってたけどでも、最近親方に言われた話とか考えると確かに思い改めなあかんなって思うわけなんよな。変える努力はしなあかんのよなって。やっぱり今のままいくと人生はうまくいかんしそういう気遣いができへんから女の子にモテへんわけよ。で、人付き合いもうまくいかんから友達もうまいこといかへん。言ってまうと俺年上と仲良くなることあんまないよ、同年代もうまいこといかん。良くて年下とかやったら仲良くなれる。二、三歳上の年上は好かれへん。可愛がられへんのはやっぱそういうとこがあるからなんやろな。認められたいって感じ、それはある。上の人に嫌われたらなぁ、しんどいもん、陰口叩かれたりするからさぁ。そうするとさぁ可愛がられてるやつはどんどん上あがっていくわけやしさぁ。自分もそれはするべき努力してないっていうのもあるけどさぁ、自分がここにいてこいつは上にいるなって、自分だけ取り残されてるっていうのは、まぁそうなるから、やっぱちょっとそこは二十六年生きてきたから。まぁまぁまぁちょっと一回軌道修正していかへんと取り返しつかんなぁって。

 ──それの第一歩が警察学校にいくということですか?

 やし、やっぱり、あそこなんか超絶厳しいのよ。親戚に警察官がおるから聞いたし、まぁそういう本も読むようにしてるけど、親方に次のステップも考えたらって言われて。超絶厳しいらしいのよ、警察って年下でも階級がすべてやから軍隊みたいなもんや。警察が一生続くかわからへんけどでも働いてるとやっぱそういうの求められるんよ。ある程度そこの色に自分を染めへんと自分がしんどいから。でもその訓練でもあるよね、それも兼ねてるから。

 やれる人間はそれでいいねん俺はやられへん人間やからがんばらなアカンねん。でもそれで白バイに乗れたらもっと最高。というよりねそれでセローに乗りたいな。災害時におい大丈夫か、おい一般市民大丈夫かオイ、ってオフロードバイク乗っていたい。人助けしたいかどうかで言えばしたい。やっぱり事故で警察に助けてもらってるから。事故の処理もそうやし、力になりたい。さっき言ってなかったけど一番最初に乗ってたバイク、かるーい自損事故起こしてて、吉野山、奈良のね。二月、冬の山くだってて友達がね滑ってね、するとね俺も一緒のとこで滑ってん。目の前で友達がしゅーーって滑り始めて、どうしたヤバいって思ったら、俺も急にぶわぁーっと滑ったのよ。バイクが変な挙動して。で、まぁ警察が言うには、お兄ちゃんは多分引っ張られたんやと思うって。なんでやっていうとそこはライダーの死亡スポットなんよ。いっぱい人が死んでるとこなんよ。山です、二月です。でも気温も十何度やったし氷なんか張ってないのよ。昼の二時やし、しかも四十キロくらいでくだってて、エンジンブレーキがかかるように走ってたのに、急に後輪が滑ってシュルーーって。ガードレールにぶつかって助かったよな。それで警察に自損事故起こしましたって連絡したんやけど、書類上は道が凍ってたってなったけど、やっぱ霊的なもの信じる信じる、信じる。やっぱ体験しちゃったわけやし。

 まぁ話が脱線したけど警察には助けてもらったりしたわけやし、警察になってみたいなぁって。まぁ個人的なこと言うとやっぱり、その、世の中って悪い事した人の尻拭いは比較的良い人が行うよね。例えば刑務所。悪い人収監してるよね。あの人ら生かしてるのは何か? って税金よね。税金てみんな納めてるけどまぁ悪い人も納めとるっちゃあ、納めとるけど、まぁ基本的にはやっぱ何も悪いことしてへん一般市民が納めているわけよ。例えば人を殺しましたと、でも殺しても殺してもそいつに人権はあると。で、その殺した奴を生かすのは税金なわけよ。でも遺族はどうなんよと、なんもしてへんのに真面目に生きてるのにっていうのもあるし。で、やっぱ、まぁ、うち、その母親が流産してるわけよ。その流産した理由が信号で止まってたら後ろから車に追突されて、それでお腹が当たってもうて、ぼーんて車の前のとこにね、それで死んでしまったのよね、お腹の子供がね。僕の上の子になるんかな? 確か相手は飲酒運転か居眠りか何かしてて、ドロドロに泥酔か何かしてたみたいで、ブレーキ踏まんとぼーんってぶつかって、思いっきり。でも飲酒運転で済まされてしまったと。お腹の子は死んだのに殺害やのに、俺の母親と子供はどうなんねんと。なんでお前人殺してんのにのうのうとしてんねんて。やっぱりそういうこととか思うところがあって。人助けしたいなっていうか、悪人を裁くのは裁判官やけど、俺ら警察官の仕事は裁くことじゃなくてしょっぴく事。でもまぁそういうことをするための仕事をしたいなと思ってるわけよ。防ぎたいしやっぱりそういう事故起こしたやつは何が何でもしょっぴかなあかん。ちゃんと務めを果たせ、逃げんな絶対って。地の果てまで追っかける。くさいこと言うけどそういう気持ちはゼロではない。

 やっぱり殺人事件とか見ると、まぁもちろん俺も悪いことしたことがないことはないけど、そりゃすごい悪いことはやってない、けど、殺人事件とか嫌な気持ちになる。捕まえなあかんとか思うし、そういうやつは早めにぶち込んで、早めにせんと他の人に死が広がってしまう、普通に生きてる人に。嫌じゃない? 例えばなんかあのー、凶悪犯を捕まえられませんと。そいつを捕まえられへんかったから誰かが死んでしまったと。そんなしょうもないことで。だからそういうのを防がなあかんと思うわけ。そうそうそうそうそう、まぁもちろんあれやで俺も悪い事したことないんかって言われたら、もちろんあるけど、でも捕まえなあかんねん、悪いことしてんねんから。

 お前なんか地獄行けとかお前は天国やとか死ねとか地獄やーとか言うけど、死んだ後とか無理無理無理わからん。死んだやつにしかわからへんよな。俺生きてるもん、死んでないからわからん。じゃあ死んだらどうなんねやろうなぁ。いや俺もわからんけど。わからん、やっぱ交通事故も事故ったやつにしかわからへんし。実体験がないとわからん、気持ち悪いやつと話して気持ち悪いって思うのも気持ち悪い経験してないとわからんし。死ぬの怖い。うん満足して死にたいし、まぁまぁまぁそりゃ死にたくないやろ。まだまだしたいこといっぱいあるし親より先に死ぬっていうのは一番親不孝やって親にめっちゃ言われたし。あのーこないだ泥酔したんよ、親父の前で、泣きながら仕事の愚痴を言うてしまって、俺みたいなゴミクズはなぁ俺みたいなぁゴミクズは、あの富山の警察官みたいにな、俺みたいなゴミクズは拳銃奪われて殉職したらええんよって言ってしまったわけよ、父親にそういうこと言ってしまったわけよ。そしたら父親が、お前は使われへん警官になるやろうけど、でもまぁ殉職はせんといてほしいなって言われて。何でかって言うとなぁやっぱり親っていうのは子供が生きててなんぼやからって。だから俺が一番思う不幸はまず親より先に死ぬこと。やっぱり子供の葬式に出ることほど辛いものはないって。それと犯罪者になるなよって言われてて。麻薬売ったりとか、こすい犯罪したりするなよって。そんなこすい商売されんのも親不孝やから。それさえ守ってくれたらお前が使われへん警察官でもとりあえずいいと思うで、まぁ生きていてくれたらええかなって。あとすぐ辞めるのはやめろよ、いや帰ってこられても困るからって言われたなぁ。

 ──子供は欲しいですか?

 欲しいよそれは、子供にエロ本買う楽しみを教えたいよ子供に、男の子に、そりゃあ教えたいやん! あのドキドキ感。まぁそりゃあ今はスマホやネットで何でも見れるけど、俺も今日見て来たけど、ここに来る前にさぁ。でも面白くないのよ、ドキドキ感がないから。あのドキドキ感は十八歳の時にしか時しか味わられへんし、やっぱりあの自分で一点一点を探すっていうドキドキ感。掘り出し物をレンタルビデオ屋で探すっていうのを味わってほしい、この一枚やー! って(笑)

 ──あなたの理想の死に方をもう一度聞かせてください。

 理想の死に方まぁそうやなぁ。それこそやっぱ家族と笑って家族の前で笑って旅立ちたいなっていうのがあるな。やっぱそう思う。笑いながら死んでるじいさんの顔が一番鮮明に覚えてるから。あと笑って死にたいっていうほかにもう一個あるわ。ネイティブアメリカンの言葉にさぁ、あんたが生まれてくるときに周りは笑っててあんたは泣いてる。あんたが死ぬときにあんたは笑って周りが泣いているそういう人生を送りなさいっていう言葉があるわけよ。最後はみんなを祝福して旅立ちなさいって。まぁやっぱそういう人生。こうこういうのに感銘を受けたから影響してるんやろうね。まぁそんな感じやね。やっぱり俺はそーゆー生き方をしたいやろうなーって思ってるんやろなぁ。直感的に思ってると思ったから今日そう答えたんやろうね。でもあれやなぁ元カノ、元カノの乳めっちゃでかいからそいつの乳をもう一度揉むまでは絶対に死にたくない。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK